篠島の美味しさをご案内

篠島の美味しさをご案内

- 篠島は魚介類の宝庫 -

新鮮な海の幸をお腹いっぱい召し上がれ!

三河湾と伊勢湾の潮流が交じり合う場所に位置する篠島。海の恵み豊かなこの島には、今でも多くの魚介類が水揚げされます。
四季を通じて、旬の味覚を存分にお楽しみください。

篠島旨いもん処はこちらから

旅館・ホテル一覧   |   
民宿一覧   |   
買物・食事・飲み処一覧

【お願い】
掲載内容は変更される場合があります。ご利用前には直接ご確認ください。

河豚【ふぐ】

下関にも勝るとも劣らない天然とらふぐ 
食べ頃:10月〜3月

河豚知多半島の「とらふぐ料理」を支えている篠島。

天然とらふぐの水揚げ量が日本一になることも珍しくありません。

漁師さんが厳しい冬の海で獲った「とらふぐ」をぜひお召し上がりください。

鯛【たい】

甘味が違う篠島の鯛 
食べ頃:通年

鯛御弊鯛(おんべだい)として伊勢神宮に奉納されるほど美味しい篠島の真鯛。

身がしまっていて、食べると甘さが口の中に広がります。

刺身でも塩焼きでも、その美味しさは絶品です。

古人も愛した篠島名物の鯛料理をお楽しみください。

しらす

日本一の漁獲量 
食べ頃:4月〜12月

しらす篠島でもっとも盛んなのが「しらす漁」。

夜半過ぎ、漁船群が出航する様子は、港全体が昼間のように明るくなり圧巻。

生で食べても釜揚げにしても新鮮さが違います。
食べ方により、いろいろな味が楽しめます。

蛸【たこ】

嚙むほどに味がある島のたこ 
食べ頃:通年

蛸篠島の真蛸は、島の周辺に集まる小魚や貝をエサにしているので肉厚、しかも味は濃厚。

丸茹でにして食べるのがスタンダードですが、しゃぶしゃぶにしても美味しいです。

たこ飯も絶品です。

穴子【あなご】

人気上昇中、篠島の新名物 
食べ頃:4月〜11月

穴子身がしっかりとし、程よい脂がのった穴子。

篠島一番の注目料理です。